今回は、お気に入りの指輪が壊れてしまいましたので以前から少しだけ変えられたら良いなと思っていました部分を変更できないかのお問い合わせを受けました。初めに指輪の飾り部分の厚さを少し薄くしたいのとフリーサイズの指輪だったのですが、普通の指輪に変えられたらとのお問い合わせを受けましてご依頼いただきました。こちらの指輪の使用方法はもちろん指輪としまして使うのとペンダントトップとして使いたいとのことですので、普通の指輪への変更修理のご依頼です。ただし、ご依頼の指輪を修理します際にはロウ付けを行います。その際には、ガスバナーで800度から900度程度に温度が上がりますので今までご使用しました、アンティーク感が熱せられまして取れてしまいますが、仕上げを行いまして最後に再び、アンティーク感を指輪におつけすることも可能となりますが、今回は真鍮の色のままで良いとのこですのでエイジング処理作業は行いませんでした。

真鍮指輪修理
2018/09/05(水) 18:44 指輪 permalink COM(0)

Comment form

以下のフォームからコメントを投稿してください