こちらのカフスボタンは、ボタンの穴に差し込みましてワイシャツに留めます部分のパーツを紛失してしまいまして無くなっております。このようなご依頼にも以前の形に近く戻すことが可能になっております。これは、長い間この様な修理を行っておりますと対処できるようになっております。ただし、あくまでも似た形、お色にての修理を行います物となります。なお、総てをご希望どおりにお直しを出来ます訳ではございませんので、必ずお問合せ下さい。お客様のご希望に近い形での修理になります事もございます。さらに、こちらはブランド商品の注意事項をご参照ください。



参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/home/kafusubotan-xiu-li
カフスボタン脚取れ修理
2019/02/11(月) 00:24 Unarrangement permalink COM(0)
ヘアーアクセサリーにはこの様な大きなティアラも御座います。近年は頭にスッポリと被さります大きな物もお持ち込み頂くようになりました。ティアラのほとんどはアンティモニーと言います素材でとても低い熱で溶けます。また、素材自体はとても脆い材料で取扱が難しい商品です。従いまして、折れてしまいました部分はただ付けるだけでは、また直ぐに折れてしまいますので再び折れにくいように補強を行いましてガッチリと付けることになります。そうしませんと再びお使いの際に又同じ部分から折れてしまいます。その際には、ロウ付けのように温度を高温にすることが出来ません。なぜなら高温にしますと素材が溶けてしまいますので、この点には細心の注意を払う事になります。そうしまして修理完了します。

ティアラ折れ修理
2018/08/04(土) 05:07 Unarrangement permalink COM(0)
こちらのバングルはよく見かけますバングルです。ところが修理のご依頼も大変多いバングルです。とてもシンプルで、おしゃれなバングルなのですが折れ修理のご依頼はとても多いバングルの1つでございます。それと折れます場所もほぼ決まっておりまして、K18のノセコのそばでシルバのバングル本体部分になります。

こちらに載せましたお品物と同じ部分となります。バングルは腕に付けます時また、バングルを取り外します時に必ず広げることになります

これが毎回毎回付ける時と外す時にk理返し行いますので、しょっちゅうおたったり伸ばしたりして、金属疲労を起こします。更にこの堺部分に応力集中が起きまして結果折れてしまします。かなり厚みがあっても幅があっても折れて修理ご依頼がございます。

更に厄介なのは、素材がシルバーですので柔らかい素材ですのでろう付けだけでは折れてしまいますので、私どもでは裏側にシルバーで補強をお入れしての修理となります。

折れたシルバーバングル修理します。
2018/06/03(日) 02:00 Unarrangement permalink COM(0)
よくお電話でのお問合せを頂きますが、ビーズブレスレットのゴム交換取替も行います。
シリコン製の伸びますゴムへの対応となります。 

ビーズブレスレットのゴム交換
2018/05/25(金) 05:11 Unarrangement permalink COM(0)
この度は、ペンダントトップをフルオーダーメードにてご依頼を頂きました。お客様はお気に入りの石をご持参頂きまして

ご自身で希望に近い絵を書いて持参いただきましてのご来店でした。私共では石とご持参頂きましたデザイン画をたたき台にしまして、どの様に作りたいのかをお話しながら色々とご希望をお聞きしまして、お客様の構想に近づけるためのお話し合いを行います。

ときには簡単なデザイン画を書きましたりパソコンで完成予想のデザイン画を作成しましてお客様へご提示しましてご意見を何度も伺いましす。

お客様のご意見を頂きましてお客様がご納得いきますまでご希望をお聞きします作業を行います。その後お客様がもうこれで大丈夫とご安心頂きましてから、原型作成を始めます。

これでも途中経過をお知らせしましてお客様の高層に合っているかのお問い合わせを行いまして、確認作業をおこないます。

形ができあがりましたら、組み立て仕上げの作業となりまして

すべて完成しましてお客様へお渡しとなります。
フルオーダーメイドシルバーペンダントトップ
2018/01/18(木) 04:53 Unarrangement permalink COM(0)
お客様より作成依頼を頂きました 。お客様がご旅行の際に海外でご購入致しました5活計のトルコ石をご持参頂きまして、これに合わせてK18にてカフスボタンの作製のご依頼オーダーメイドを賜りました。此方のトルコ石に会います枠を手作りにて2個作成を行います。全ての天然石に付いて言えますが、1つずつ大きさ形は微妙に違っておりますので、これに合います様に手作りにて枠の作製をおこなします。時間と根気が必要になります。その後石の裏側を透かしてカフスボタンの付属此方もK18のパーツをお付けしましてきれいに仕上げを行いまして、出来上がりとなります。
K18トルコ石カフスボタンオーダーメード
2017/12/23(土) 04:54 Unarrangement permalink COM(0)