溶けやすく脆い材料のアンチモニで出来た、とても個性的な顔のメッキのアクセサリー、イヤリングの片方を失くしてしまいました。こちらの方はとてもお顔のアクセサリーが好きとのことです。このまま使えずに引き出しの奥にしまって置くのはもったいないので、指輪にしてほしいとのご希望ですが、ご使用しますご本人はとてもご高齢で痩せていらっしゃるのでフリーサイズの指輪をご希望しております。そこで指輪の部分を真鍮でフリーサイズの指輪を作りましてアンチモニで出来た顔に溶着することにしました。このままですと顔の部分は白いメッキが付いておりますが指輪の部分が真鍮製ですので、黄色い色になりますので、最後の仕上げに色を統一するためにロジュームメッキ仕上を行います。そうしますと全体がきれいな銀色へ仕上がりましてとても綺麗になります。ここまで手を掛けますと新品になったように綺麗な別のアクセサリーに変身してしまします。ここまで仕上げを行うことが出来ますとアンチモニのイヤリングがすっかり別物の神秘的な顔の指輪に大変身が出来ます。

参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/rifomuakusesari
片方のイヤリングを失くしてしまい、残りのイヤリングでフリーサイズの指輪へ作り換えです。
今回は。指輪のリメーク、作り換えとなります。お持ち込み頂きましたのはK18のサファイアやメレーダイヤの指輪とK18のアクアマリーンとダイヤのペンダントをお持ち込み頂きました。大変思い入れのあります方からのお品物をお引き継ぎになられたそうです。2個では一緒につけられないので、1つの指輪にリメーク、作り換えをご希望しましてこれからずっと身につけていたい。とご希望がございます。作り換えのデザインを考えますのに少々お時間を頂きまして、簡単な絵を提示しましてお客様のご了承を頂きました。天然石はアクアマリンのオーバルカット1個とサファイヤマーキスカット4個更にメレーダイヤ4個の石になります。この絵に基づきました指輪をプラチナで(Pt900にて)オリジナル商品としまして、作成を行いました。お預かりの石は総て余ることなく全部を使いまして指輪をお作りしました。製品になりますと初めにお見せしました絵とは感じが変わりまして、とても素敵な指輪に変身をしまして、気に入って頂きました。
参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/odamedo
K18指輪サファイヤ、メレーダイヤとK18のアクアマリンペンダントを指輪にリメークします。
最近良くあります修理はブランド品のリメーク、作り直しのご依頼です。こちらのご依頼につきましては、ブランド品注意事項のお知らせが御座いますので必ずお読み下さい。今回の作り替えご希望は、指輪の飾りが大きすぎる。同じ形のペンダントトップのバチカンが取れて壊れた。こちらの2点のアクセサリーを指輪とブローチに作り替えをご希望です。指輪は飾り部分と指輪の部分と切り離さなければなりません。この作業はかなり難しい作業となります。何故なら取り外しました指輪も飾りの部分もどちらも再びアクセサリーとしまして再度使用するので壊さないで最低限のキズ跡が残ります程度で作業を行わなければなりません。次にペンダントのアクセサリーはバチカンが付いていました部分のパーツを綺麗に再度使えますように切除しなければなりません。この作業もとても気を使います作業となります。次にペンダントだった飾りを指輪へ付けて小さな飾りの指輪へと変身させます。この際にも飾りと指輪の繋を綺麗に繋ぐ作業があります。こちらの商品の素材はアンチモニといいます素材で低温で溶けます素材となっておりますので温度には細心の注意が必要となります。それで接合を行い指輪として完成となります。次に指輪に付いておりました大きな飾りにブローチの部品を付けましてブローチにリメーク作り替えます。以上の修理には細心注意を行いませんとお品物が溶けて無くなって、ただの塊となります。
参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/rifomuakusesari
指輪とペンダントのリメーク、リフォームです。
Pt900ダイヤ立爪指輪のお持込です。お作りになりましたのは30年以上立っているそうです。ご主人がその時にとても苦労しましてダイヤの良いものをご購入されまして、プラチナ900で立爪の指輪をお作りになりました。ダイヤを拝見しますととても綺麗なダイヤモンドです。しかしながらその当時とても流行っておりました立爪ですので、やはり爪が痛い引っかかる等の気になります部分がございまして、引き出しの奥に追いやられてしまいまして、お付けにならなくなりました。これに気が付きましたご主人が、立爪の指輪を今でもご使用して頂きます為に私共へプラチナの指輪のリメークをご依頼下さいました。また、ダイヤも1つではなく両サイドに飾りをつけまして可愛くしたいとのご希望でリメークを行います。大体のご希望のデザインは既にほぼ決まっておりましたので、その形になりますようにリメークを行いました。リメーク完成後はとても可愛らしく見栄えのしますダイヤモンドの指輪へ大変身しまして、奥様は大変ご満悦のご様子です。また、加工の際に、ダイヤモンドは外しまして拝見しましたら、お伝え頂きました通りかなり良い石でしたので、このダイヤを引き立てます脇石のダイヤモンドも良いダイヤをご使用することになりますた。
参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/rifomuakusesari
プラチナダイヤモンド立爪指輪リメーク依頼です。
とても大切な方の指輪だそうです。思い出が詰まっているのでご自分でお使いになりたいとの事です。しかしながらお客様は指輪は手を使いますお仕事のため、引っかかったりしてしまいますので出来ればペンダントトップに作り替えリフォームしたいとのことです。指輪ですので裏側は指に沿う様に曲線になっております。このままペンダントトップに加工しますとコロコロと裏返ってしまい、少々コロコロしませんように手を加えることになります。それとペンダントトップの厚さも出来る限り薄くなる様にしました。また、こちらの指輪の豪華さが損なわれませんようにペンダントへ作り替えたいご要望がご座いますのでクサリを通しますバチカンもただ磨きでなく豪華さをつけてくださいとのことですので彫りとダイヤを足しました。




参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/rifomuakusesari/recreated-ring
オパールダイヤ、赤珊瑚ダイヤ指輪の作り替えリフォームです。
今回は、少々アクセサリーの素材に付きましてお知らせいたします。上の写真の商品もそうなのですが、アクセサリーにとても多く使われますピューター(主にスズをメインにアンティモニ等の材料混ぜました素材ですが)と言います。これは作るときにはとても温度管理が簡単だったり、加工がとてもしやすかったり等で多くのアクセサリーに使われておりますが、一度製品になり壊れたり、作り替えたりするときには少しばかり厄介な素材の一つになります。そのためこの様なイヤリングのピアスへの作り替えは他所では行われていないようです。しかしながら私共では以前より行いますので、ピアスへの作り替えは元の材料を生かしてピアスへ加工致します。現在でほとんどのイヤリングを加工致してきておおります。ピアス加工ご希望の方はご遠慮無くお問い合わせ下さい。お待ち申し上げます。

私共では、イヤリングをピアスへ作り変えします加工を行います。