K18素材の、ピアスの作成ご依頼です。お問合せを頂きましたのは、K18素材のピアスの片方を失くしてしまいましたので片方を同じに作ってもらえるかのお問合せでした。こちらのピアスの持ち主の方はこのピアスにとても思い入れがありましてどうしても同じものを再び付けていたい、とのご希望でした。そこで現在残っておりますピアスを拝見しました処十分に作成可能なデザインでしたので私共で作成のご依頼を受付させていただきますことにしました。ただし、同じにお作りしないといけませんのでお時間は掛かることになります。お客様は反対側のピアスが作成できて、再びご自分でご使用することが出来るのであれば問題なくご了承下さいました。早速私共では、残っておりますピアスの各パーツのデザインとサイズを同じにコピーをしまして各パーツをK18の素材にてご用意しまして、各パーツを金ローにて、ロウ付けし残った方のピアスと同じデザインに組み上げて作成完了となりました。
無くしてしまいましたピアスの片方をお作りします。
参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/odamedo
ピアスの針が取れてしまいました。まだまだピアスとして使いたいので修理を行いたいそうです。修理は可能ですが、表の飾りに白蝶貝を使っておりますので、高温にすることは出来ません。何故なら高温で修理を行いますと白蝶貝が焦げて茶色になりましてボロボロになります。従いまして、今回の修理はエポキシ系の接着剤によりまして接着修理となりますお皿付きのピアスの針をピアスの本体の裏側に接着修理を行います。最近のエポキシ系の接着剤はとても良い性能になりましたので接着でも安心となります。十分にお客様のご使用に耐えることが出来ます。今回はブランド品ですので注意事項をお読み頂きましてご依頼下さい。



参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/home/piasu-xiu-li
メッキのピアス針取れも修理できます。
今回もイヤリングをピアスへの加工に付きましてご説明させて頂きます。どちらも丸のイヤリングですがそれぞれ少しづつ違っております。それは、銀色の球体の方はブラ下げてのイヤリングになっております。こちらのイヤリングは、ピアスに変更します時に方法が2通り御座います。写真に示しました様にピアスの針へ再びブラ下げる様にピアスにしますのともう一つは、イヤリングの時の大きな珠を残してピアスにする方法がありますが、こちらの方法は作業に手間が掛かりますので加工代金は高くなります。また、パールイヤリングも方法は、2通りございます。1つはパールの珠に直接針の先を入れまして接着剤で固定します形式写真の通りとなります。もう一つは銀の珠と同じ様にブラブラとぶら下げますタイプのピアスへの加工も可能です。ただしブラブラとぶら下げる様にします場合にはパーツを足しませんといけませんので加工代金は針を直接つけます場合より高くはなります。どちらの加工に付きましてもお客様のご希望の通りになります限りは加工致しますので、お問い合わせ下さい。



参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/rifomuakusesari/to-change-earrings
イヤリングがピアスに変わります。
最近は、ピアス加工のご依頼ほどではございませんが、ピアスをイヤリングに変えてくださいといいますご依頼がボチボチと出ております。やはり全員がピアスの穴を開けているわけではなさそうです。とても大事な人の頂き物でピアスを貰ったが私は穴が開いていないからとか、気に入った形にピアスしかなくイヤリングなかったのでと言います理由などまちまちの理由ですが、どうしてもこの形のイヤリングが付けたいと言いますご希望によりましてイヤリングへの変更を希望されます方がいらっしゃいます。ピアスからイヤリングへの変更はイヤリングのパーツを付けます部分が狭いため場合によりましてはお付けすることが出来ない場合がございます。ですので私共へお写真を頂くか、現物をお持ち頂きまして拝見させて頂きませんとイヤリングに出来ませんことがございます。実は、ピアスからイヤリングのほうがデザインによりますが、とても難しい場合がございます。それともう一つは貴金属製品ですとイヤリングのパーツがとてもお値段が高いのでイヤリングに変更は高いものになります。お客様のご希望で今回は、K14WGのイヤリングに出来ましたがロウ付けがなんとか可能でしたので、イヤリングでも強度を出すことが出来ました。

ピアスをイヤリングに変更加工

参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/rifomuakusesari/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%92%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%81%A7%E3%81%99
イヤリング・ピアス加工に付きまして新しいご説明です。言葉だけで修理の方法や場所等のご説明を行っておりましたが、なかなかご理解頂きますのにお時間がかかります場合がございます。そこでイヤリングのパーツをどこまで取るかやピアスのパーツがどこに付くかの目安を判りにくい場合はご説明致します。上記の写真のように取り去るイヤリングパーツの範囲を赤線で囲みまして表示します。それと、取り付けますピアスパーツの位置を真っ直ぐの線で表示します。これでに沿って修理を行いますと上記写真の下半分の様にピアスとなります。どうぞ、ご不明な点が御座いましたらご遠慮なくご質問下さい。お待ち申し上げます。




参照ページ

https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/rifomuakusesari/to-change-earringsイヤリングピアス加工説明
今回は、メッキのイヤリングで色の付いた石が付いている物やダイヤ、パール調の飾りの有りますイヤリングをピアスへ変更のご依頼です。イヤリングのパーツのクリップを取り外します。その後イヤリングのパーツの付いておりました部分をある程度綺麗に均します。その後ピアスのパーツを取り付けます。取り付け方法は接着剤によります接着、食器に使いますスズによります溶着また、ロウ材によりますロウ付の3種類となります。この方法はもちろんお客様が選択できますが、お品物の構成によりまして、石を外したり飾りを外したり仕上げ後にメッキを施したり等の作業が増えますと修理代金に反映しまして工程数が増えるほど高くなります。私共では事前にお客様へお見積りをご提示しまして、ご了解が得られましたら修理をおすすめ致します。どうぞご確認ください。
イヤリング・ピアス加工修理