カフスボタン修理のご依頼です。カフスボタンの脚がすごく曲がっております。いくつも足の曲がりの修理は今までに行ってきましたが、今回の様にひどい曲がりは初めてです。当初、今回はお断りしようかとも考えましたが、現品を拝見しまして決めることにしました。お客様よりお品物が届きまして詳細にお調べしました所、素材がシルバーであることが判明しましたので修理をお受けします事にしました。曲がりました脚は本体とロウ付けとなっておりますので、このまま曲げを修正しまして持ちこたえられるかに付きましてお調べ検討を行いました処、確りと付いておりますことが判明しました。そこで回転部分を取り外しますのと、本体の表の部分には金色の丸い飾りがついておりましたので、これも取り外しました。それから、足の部分と本体のみにしまして足の曲がりを少しづつ本体に影響が出ませんよう曲がりを直していきます。こちらの作業は私共で使用してます工具、治具を駆使しますのと私共の経験によりまして、なるべく綺麗に戻りますよう作業を行いましたが、多少の傷と変形はほんの少し残りました。しかしながら、また元の通りにご使用いただけます様に戻すことが出来ました。



参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/home/kafusubotan-xiu-li
脚の曲がったカフスボタン修理
2019/04/08(月) 05:21 カフスボタン permalink COM(0)
シルバー925のカフスボタン足の回転部分が長年ご使用の為足と回転部分を繫いでおりました部分が擦り減ってしまいまして切れてしまいました。それと回転の際に固定をしますカチカチとしますバネが失くなってしまっております。これが有りませんと回転部分が固定できません。また、こちらはカフスボタンの表に白蝶貝が飾りで付いております。修理を行います際に白蝶貝は割れやすいので一度外して修理に掛かります。慎重に外しませんと簡単に割れてしまいます。はじめに擦れて切れました部分は同じシルバーの材料を足しまして切れを修正します。次に失くなってしまったバネをこちらのカフスへ入るものを私共で作成します。部品が揃いましたら、総て組み立てます。カフスボタンが機能するか確認後カフスボタンを綺麗に仕上げまして、最後に再び白蝶貝を接着し修理は完了となります。

カフスボタン足取れ修理
2018/10/04(木) 02:33 カフスボタン permalink COM(0)