バングルはとても簡単に折れるようです。ただし、長年使われていますとある日突然にポキット折れてしまうみたいです。前にも私共のページに記載しましたが、バングルを装着します時と外します時にどうしてもバングルを広げます動作が入ります。これが曲者で、短い期間であれば問題はないのですが、長い期間、この動作を繰り返しますと金属疲労を起こします。この様な力の掛かり方にはとても弱く限界が来まして亀裂が入ったり、折れてしまったりします。これはバングルの厚さが厚いものでもある日突然に折れてしまします。また、修理は簡単に考えますと折れた部分だけをロウ付けを行いまして付ければそれで良い様に思いますがロウ付けの際に温度が900度程度まで上がりますのでロウ付けを行いました回りの部分の金属が熱によりましてナマされてしまいまして柔らかくなりますので、このままご使用いただきますとすぐにまたロウ付けしました回りの部分から折れてしまいます。特にシルバーのバングルはシルバー自体がとても柔らかい材料ですのでこのようなことが顕著に起こります。そこで私共では、同じシルバーの板材によりまして補強を入れましてロウ付けをおこなしまして、再び御使用頂ける状態にいたします。



参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/home/buresuretto-banguru-xiu-li
石付きシルバーバングルの折れ修理を行います。

Comment form

以下のフォームからコメントを投稿してください