最近は、オーダーメードのご依頼が増えてまいりました。お客様は他所で何回もお作りになれた方が多いです。今回ご依頼のお客様も他所で色々なものを何度もご依頼されていたお客様です。私共へは今回が初めてです。他所でお作りになられてるとの事ですのでお話はとても早く、初めはメールとお写真を頂きましてのお問合せとおおよそのお見積の問い合せになりました。私共で必要な事項を何度かお聞きしましてお見積のご連絡を差し上げましてのお知らせとなりました。その後お客様がご来店頂きましてお客様のご要望をお聞きしまして、私共で簡単な絵をご提示しましてお客様のご了承を頂きました。フリーハンドの最もシンプルな絵ですが他所で何度か作成のお客様でご理解を頂きまして作成のご依頼を頂きました。その際にお持ち込みいただきましたルースが『多分ルビーです。』とのことでしたので、私共でもルビーの判断が出来ませんでしたので、専門の機関に依頼しまして安く確実な方法で一番簡単な鑑定を行いましてルビーであることが確定しました。これでお客様も私共も安心しましてルビーとしましてペンダントトップの加工に入りました。加工は極シンプルな加工で四本爪のペンダントトップの加工でペンダントクサリを通しますバチカン部分の内側のクサリを通します空間を太いクサリが通りますように大きくしたいご希望がございましたので、大きなバチカンとなりました。
尚お値段は金の相場がございまして時価となりますのでご依頼前に必ずお見積のご依頼をお願いいたします。



参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/odamedo
ルビー持込のK18ペンダントトップオーダーメード手作り
2019/08/12(月) 02:19 ペンダント permalink COM(0)

Comment form

以下のフォームからコメントを投稿してください