K18WGのルビーのペンダントです。クサリを通します部分のバチカンが穴の大きさが小さく別なクサリが通りません。そこで、バチカンの穴の大きさを大きくしまして、手持ちのクサリが通る様に修理のご依頼です。まず初めに、現在付いておりますルビーの石をこの枠から外さないといけません。何故ならロウ付けの際の高温でルビーがだめになってしまいます。その後ペンダントに通します部分のネックレスは板状のプレートと丸カンが通りませんとネックレスに通すことが出来ません。そこで今のバチカンの上部を切断しましてK18WGの材料をロウ付けしまして長く足してバチカン全体を長く伸ばします。K18WGの素材の色は白色ではなく少し黄色い色をしております。ロウ付けと加工を及び仕上げを行っておりますので、以前の色より黄色くなっておりますので、これを元の銀色に戻します為にメッキの作業によりまして全体を銀色にメッキ仕上げを行います。最後に外しましたルビーの石を取り付けとなります。これでご希望のバチカンの穴を大きくしまして、お手持ちのクサリが総て通せるほどのサイズに変異なりました。

参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/home/akusesari-xiu-li
K18WGペンダントバチカンの穴を大きくします。
2019/12/09(月) 13:55 ペンダント permalink COM(0)

Comment form

以下のフォームからコメントを投稿してください