この度ご紹介しますのは指輪のサイズ変更に付きましてお知らせを致します。もちろん普通は指輪を切断しまして、お客様のご希望のサイズへ高温(900度程度)にしまして貴金属のロウ材を溶かしまして貴金属を付けますロウ付けです。こちらはどちらの加工所でも行いますごく普通の指輪のサイズ変更の修理となります。私共ではもちろん普通のサイズ変更も行いますが、お客様によりましては、今回ご紹介します特殊な指輪をお持ちになります(お客様はごく普通の指輪とお思いです)。しかしながら、私共で拝見させていただきますと前述のロウ付けでは指輪が壊れてしまう場合が御座います。但し、これから紹介しますサイズ変更は万能ではございません指輪のサイズを小さくすることしか出来ません。これに当てはまりません場合は、また、別の方法となります。今回ご紹介のサイズ変更は切断したりロウ付けしたりは行いません。熱によりまして色の部分が燃えてしまったり、また指輪に付いております石が外すことが出来ずに熱によりまして焦げてしまう場合に行います。この様なご依頼もよくご相談をいただきますのでお客様がご理解頂きます様にご説明をさせて頂きます。具体的には透明の樹脂を指輪の内側に流し込みまして、お客様のご希望の指輪のサイズへ仕上げていきます。ご紹介の作業を行いました指輪は赤や、青の色の入りました指輪とムラサキの石の付きました指輪です。ダイヤの付きました石はサイズ変更の参考にしますお客様からの預かりました指輪となります。



参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/home/zhi-lun-ringu-xiu-li
指輪のサイズ変更ロウ付けを行いません。
2019/10/27(日) 05:02 指輪 permalink COM(0)
最近良くあります修理はブランド品のリメーク、作り直しのご依頼です。こちらのご依頼につきましては、ブランド品注意事項のお知らせが御座いますので必ずお読み下さい。今回の作り替えご希望は、指輪の飾りが大きすぎる。同じ形のペンダントトップのバチカンが取れて壊れた。こちらの2点のアクセサリーを指輪とブローチに作り替えをご希望です。指輪は飾り部分と指輪の部分と切り離さなければなりません。この作業はかなり難しい作業となります。何故なら取り外しました指輪も飾りの部分もどちらも再びアクセサリーとしまして再度使用するので壊さないで最低限のキズ跡が残ります程度で作業を行わなければなりません。次にペンダントのアクセサリーはバチカンが付いていました部分のパーツを綺麗に再度使えますように切除しなければなりません。この作業もとても気を使います作業となります。次にペンダントだった飾りを指輪へ付けて小さな飾りの指輪へと変身させます。この際にも飾りと指輪の繋を綺麗に繋ぐ作業があります。こちらの商品の素材はアンチモニといいます素材で低温で溶けます素材となっておりますので温度には細心の注意が必要となります。それで接合を行い指輪として完成となります。次に指輪に付いておりました大きな飾りにブローチの部品を付けましてブローチにリメーク作り替えます。以上の修理には細心注意を行いませんとお品物が溶けて無くなって、ただの塊となります。
参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/rifomuakusesari
指輪とペンダントのリメーク、リフォームです。
Pt900ダイヤ立爪指輪のお持込です。お作りになりましたのは30年以上立っているそうです。ご主人がその時にとても苦労しましてダイヤの良いものをご購入されまして、プラチナ900で立爪の指輪をお作りになりました。ダイヤを拝見しますととても綺麗なダイヤモンドです。しかしながらその当時とても流行っておりました立爪ですので、やはり爪が痛い引っかかる等の気になります部分がございまして、引き出しの奥に追いやられてしまいまして、お付けにならなくなりました。これに気が付きましたご主人が、立爪の指輪を今でもご使用して頂きます為に私共へプラチナの指輪のリメークをご依頼下さいました。また、ダイヤも1つではなく両サイドに飾りをつけまして可愛くしたいとのご希望でリメークを行います。大体のご希望のデザインは既にほぼ決まっておりましたので、その形になりますようにリメークを行いました。リメーク完成後はとても可愛らしく見栄えのしますダイヤモンドの指輪へ大変身しまして、奥様は大変ご満悦のご様子です。また、加工の際に、ダイヤモンドは外しまして拝見しましたら、お伝え頂きました通りかなり良い石でしたので、このダイヤを引き立てます脇石のダイヤモンドも良いダイヤをご使用することになりますた。
参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/rifomuakusesari
プラチナダイヤモンド立爪指輪リメーク依頼です。
今回は、前回とは全く違います。Silverのキーホルダー、ストラップの修理をご紹介します。こちらの様なお品物をお持ちのお客様は、とてもこだわりがございます。修理に付きましても、どの様に修理をしてほしいかご希望をお持ちんで修理ご依頼の際には私共へ詳細にご指示くださいます。その様な詳細なご指示には加工がとても難しものや、加工しづらいものが御座います。従いまして、私共で出来ませんものもございます。当然この様にご希望が難しもの、加工しづらいものの場合には修理加工にお時間も掛かります。また修理の代金も変わってきます。ご依頼の際にはご希望を総てお伝えいただきまして、お見積をご依頼ください。お客様がご納得後に私共では作業に入ります。
参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/home/strap-repair
シルバーストラップのクリップが折れましてロウ付け修理です。
2019/10/07(月) 13:25 ストラップ permalink COM(0)