海外でご購入しましたカフスボタンの脚が取れてしまいました。お客様が瞬間接着剤で穴をあけまして、修理を行いましてお使いのご様子でしたが、それも壊れまして私共への修理ご依頼となったご様子です。折れた部分より素材が何かを判断しました所、真鍮製で有ります事が判りました。しかも表の飾りは瀬戸物で接着してあります。初めにこちらの飾りの瀬戸物を取り外します。その次にたっぷりと瞬間接着剤が付いておりますのでこれを専用の除去剤で、除去します。次に穴の部分を埋めまして、取れた脚をロウ付けします。最後にお預かりと同じ様な仕上がりになりますように仕上げ作業を行いまして両方のカフスボタンの色が変わらないように、両方のカフスボタンに最終工程のメッキの仕上げを行います。メッキが完了しまして最後に取り外しました瀬戸物の飾りを接着しまして完了です。これで壊れます前の状態に戻りました。

参考
https://sites.google.com/site/jewelryaccessorieskousaka/home/kafusubotan-xiu-li
カフスボタン脚取れ修理です。
2019/12/29(日) 01:54 カフスボタン permalink COM(0)